2015年08月06日

競馬を楽しむなら競馬場から 福島競馬場編

福島競馬場を堪能しよう


福島競馬場を堪能するためには、まずは福島競馬場をしることです。

福島競馬場の特徴は、東北で唯一のJRA競馬場。コースの高低差自体は問題にするほどではないが、芝コースを1周する間に2度のアップダウンが組み込まれているのが特徴。ただし勾配は緩やかなので、レースへの影響は考えなくていい。また、他のJRA競馬場とは違い、パドックがスタンドの2階にある。
fukusima01.jpg

福島競馬場 詳細


スタンド
スタンドは6階建てで、1階から3階までは一般席・シニア席、4階が指定席・シニア席、5階が馬主・貴賓席、指定席、6階は業務区域となっている。2階以上はガラス張りである。道路を挟んで向かい側に立体駐車場がありスタンド2階とは連絡通路で直結している。
指定席はA指定席(4階559席、1500円・入場料別)とB指定席(4階608席、1000円・入場料別)C指定席(5階616席、500円・入場料別)がある。
パドックはスタンド2階にある。土地を有効活用するためにこのような形式がとられた。パドックの下はファーストフードコーナーとなっている。
福島競馬場.jpg
芝コース
決勝線手前には高低差1メートルほどの登り坂がある。障害競走が行なわれる時はレース開始前に芝コース上に非常設の竹柵障害が5つ設置され、終了後に撤去される。
1周距離:Aコース1600.0m、Bコース1614.4m、Cコース1628.1m
直線距離:Aコース292.0m、Bコース297.5m、Cコース299.7m
コース幅員:Aコース25-27m、Bコース22.5-25m、Cコース20-23m
距離設定:1000m、1200m、1700m、1800m、2000m、2600m
出走可能頭数(フルゲート):1200m、1800m(A・B)、2000m、2600m(A・B)は16頭、その他は14頭
ダートコース
2004年に同コースの改修が行なわれた際に、第2コーナー方向にポケット地点が設けられ1,150メートルの発走地点が新たに設定された。同距離はスタート後に約100メートルほど芝の上を走りその後ダートに入るコースとなっており、中山競馬場ダート1,200メートルに似た形態となっている。また同時に向正面のコース幅が20mから25mに、正面スタンド前のコース幅が20mから23mに拡幅され、出走可能頭数(フルゲート)の増加を実現した。フルゲートは1000mが12頭、1700mが15頭、1150mと2400mが16頭。
一周距離:1444.6m
直線距離:295.7m
コース幅員:20-25m
距離設定:1000m、1150m、1700m、2400m
出走可能頭数(フルゲート):1000mは12頭、1150mと2400mは16頭、1700mは15頭
fukusima02.JPG

福島競馬場 アクセス


所在地 〒960-8114 福島県福島市松浪町9-23
電話番号 024-534-2121
開催日 9:00~17:00
平日 10:00~12:00、13:00~16:00(除:月・火曜日・祝日・年末年始・その他 臨時の休務日有り)
入場料 100円
開門時間 <福島開催>原則として9時から <場外発売時>原則として9時15分~

発売 原則として9時30分から
払戻 原則として9時30分から
[ここに地図が表示されます]

posted by 何より競馬好き at 19:44| Comment(0) | 競馬場 | 更新情報をチェックする

競馬を楽しむなら競馬場から 函館競馬場編

函館競馬場はファミリー向け


函館競馬場は子供が遊べるスペースがとても充実しています。
「ふわふわドーム」や「研ぎ出し滑り台」など遊具がいっぱいで子供が飽きずに1日過ごせます。
hakodate05.jpghakodate04.jpghakodate06.jpg
競馬のことがまったく分からなくても、馬を間近で見られる楽しさだけでなく、幼児から小学生まで思いっきり遊べる遊具広場やアトラクションが充実。屋内に乳幼児がゆっくり遊べるキッズコーナーまで完備されているなど、一日たっぷり遊べます。

リニューアルしれ綺麗になった函館競馬場


2010年夏にリニューアルオープンし、馬との距離が近く、明るく清潔感のある競馬場となった。シーズンには函館競馬目当ての観光客も数多く訪れ、家族やカップルでも楽しめる。
hakodate03.jpg

函館の夏の風物詩、夏競馬。特別な遊びではなく、楽しいレジャーとして人気を集めています。
2009年にスタンドが改修され、2010年2月27日にプレオープンしたJRA函館競馬場。所々に木とレンガを配した内装は、これまでの競馬場の概念を覆すような、ぬくもりある異空間を演出。中でも目玉は、ガラス越しに下見所と対面する観覧席「パドックシアターシート」。ゆったり腰掛けられる約560席が設けられていて、658インチの特大画面でオッズやレース映像などを見ることもできます。ここが指定席ではなく、入場料100円のみで入れる自由席というから何ともぜいたく。一角には畳敷きのスペースも。
レースコースの内側には、ふあふあドームや滑り台など、子どもたちに人気のアミューズメント施設が。スタンドにも開放的なキッズコーナーがあり、家族連れの方にもおすすめです。フードコートも充実。展望デッキからはJRAで唯一の海が見える競馬場ならではの風景が楽しめます。
観覧席は、コースのすぐ外側の芝生敷き「ターフシート」、2階スタンドの「ライブシート」なら、入場料のみで自由に座れます。そのほか、3階スタンドの指定席「オーシャンシート(入場料込みで1000円、1500円)」もあり。
競馬場の開門は、通常朝9時。10時前後から夕方16時過ぎまで、1日12レースずつ行われます。
夏の週末には競馬場へぜひ足を運び、人間の作り出した血脈の結晶・サラブレッドが織りなすロマンに触れてみてはどうでしょう。
hakodate07.jpg



函館競馬場 アクセス


所在地 〒042-8585 北海道函館市駒場町12-2
電話番号 0138-53-1021
開催日 9:00~17:00(場外発売時は9:20~16:50)
平日 10:00~12:00、13:00~16:00(除:月・火曜日・祝日・年末年始・その他 臨時の休務日有り)
入場料 100円
開門時間 原則として9:00から ※場外発売時は、9:20から
発売 原則として9:30から ※一部投票所では9:20から発売いたします。
払戻 原則として9:30から ※一部投票所では9:20から払戻いたします。

[ここに地図が表示されます]
posted by 何より競馬好き at 19:17| Comment(0) | 競馬場 | 更新情報をチェックする

競馬を楽しむなら競馬場から 札幌競馬場編

札幌競馬場を楽しむ


札幌競馬場を楽しむ為に押さえておきたい3つの場所
1、もいわテラス
オープンテラスで北海道ならではの大自然に囲まれて、食事や競馬を楽しむことができます。
札幌競馬場のおすすめスポットナンバー1です。
sapporo03.jpg
2、まきばガーデン
子連れできている方にはかなりおすすめです。馬が放牧されており、馬と触れ合うこともできます。
sapporo04.jpg
3、フードコート
定番メニューだけではなく北海道限定メニューや大手飲食店が出店していたりと、食事に困ることはありません。

sapporo05.jpg

動画も合わせてどうぞ!


札幌競馬場 アクセス


住所
札幌市中央区北16条西16-1-1

営業時間
競馬開催時9時〜17時
平日10時〜12時、13時〜16時

定休日
月曜・火曜・祝日・年末年始・その他臨時の休務日有り 

料金
100円(入場料)

駐車場
1,000円(パークウインズ※時は500円)
※札幌競馬場以外の中央競馬を場外で観戦すること

電話
011-726-0461
[ここに地図が表示されます]
posted by 何より競馬好き at 18:24| Comment(0) | 競馬場 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。